×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

上手な文章の書き方

文章の書き方で心がけるといいことは1つの文章にたくさんの情報を詰め過ぎないということです。ダラダラと長い文章は主語と述語が離れすぎてしまうので理解するのが困難になってしまいます。

できるだけ短い文章にした方がいいです。後は、適度な改行が必要になります。ハッキリ言って横書きの改行が全く無い文章はかなり読みにくいのでね。特に日本は縦書きの文章を書く文化なので言えると思います。

また、これも日本の文化なのですが、日本人の文章の書き方は結論を最後に持ってくる傾向がありますが、結論を最初に述べるといいです。

お詫びの文章の書き方

ネットショップなどのお仕事をされている方はEメールでの文章を書くと思いますが、特に、お詫び状の文章を書くのは辛い事ですよね。

失礼の無い文章を書こうと思っても不愉快な思いをさせてしまうのではないかと気にしすぎてしまいます。そこで、お詫びの文章の書き方の例文を参考に書こうとすると批判する人もいると思うのですが、どんな真摯な態度で謝罪しようとしても、文章の書き方の用法が間違っていたりポイントがずれていては逆効果になってしまいます。特に、お詫びの文章の場合は更なる失礼を重ねないように慎重に書くのが一番大事です。なので、本屋でも通販でも良いのでビジネス文書文例集をなるべく、分厚くて多くの例文が載っている物を購入しておきましょう。また、お詫びの文章のポイントとしては

1.自分のミスに気がついたらすぐに修正して相手から指摘される前に出すことが重要です。2.言い訳をしようとせずに潔く自分の非を認めると良いです。3.低調と謙虚な気持ちを絶対に忘れないことです。4.お詫びとして償う方法を明示すると良いです。

社内文章の書き方

社内文章の書き方としては例えば、「書類を○○さんまでに提出して下さい。」とかく場合は誰の名義の配布かや○○さんが上司などの役職やどこに配布するかで変わってきます。

例えば、上司が課長の場合で課外宛てならば、敬称が無くなり「書類を△△課○○まで提出して下さい」となります。課内あてならば、○○さんの名義の場合は「書類を○○まで提出して下さい」となり○○以外の人の名義の場合「書類を○○課長まで提出して下さい」と文章の書き方が変わってきます。上司の方が部長さんならば、「課」を「部」にして係長さんでしたら「課」を「係」に置き換えればいいのです。ちなみに、この場合はさんと書きましたが、そこは社内の風習に左右されるポイントだと思います。

もし、社内文章で「○○課長さん」と書いてしまったらここはキャバクラ?って感じで勘違いされてしまうでしょう(笑)また、社内文章は社外文章と違って簡単明瞭に書くことが要求されるので挨拶や敬称は不要になります。