スポンサード リンク

powerd by 楽市360

ジョブアイデムってどんな冊子なの?

ジョブアイデムは株式会社のアイデムが出版している無料の情報誌として有名ですよね。私もアルバイトを探す時はジョブアイデムのお世話になっています。ジョブアイデムは駅を初めとして、スーパーやファミレス、コンビニなどとにかくヒトが集まる飲食店などに多く設置されているので、興味がある方は探してみてくださいね。性格にはジョブアイデムは英語の表記で「job aidem」と表記されているのでちょっとわかりにくいかもしれませんが、すぐにわかると思いますよ♪ジョブアイデムに書いてある内容としては、パートアルバイトを初めとして、一般の正社員までほとんどの雇用形態が網羅されています。ちなみに、月曜日に発行されて一週間くらいはまるまる同じ冊子になっています。私は暇な時はジョブアイデムの巻頭のコラムの職種の紹介とか、採用されるための視点とか、著名人のインタビューとかを読んでいるのですが、これがなかなか面白いですね。一般人が採用の裏話を知るには一番いい機会です。

求人誌による特徴

求人誌にはジョブアイデムを初めとしてタウンワークやDOMOなど他にも様々な求人誌がありますよね。この求人誌による違いは何なのかといえば、配布されている地域による違いや、仕事の専門分野などの違いになります。ジョブアイデムならば、他の求人誌に比べると看護仕、薬剤師、老人ホームなどの介護系の職種が強いような気がします。また、地元の地域の一般人の層を対象にしていて、ジョブアイデムに掲載されている内容がチラシを媒体として配られる場合も有ります。タウンワークの特徴としては、比較的、若いヒトの求人を対象としていて、地域の人口が密集している地区や、電車の沿線沿いだったり交通の面も考慮した求人誌になっていると思います。DOMOの場合はとにかく、交通の面とかはほとんど関係無しに幅広い地域ごとに求人を掲載しているという特徴がありますね。かなりDOMOは範囲が広いのですが、それでも穴場の求人が載っていたりするので読者側にとってはメリットがあります。

スポンサード リンク

powerd by 楽市360

ジョブアイデムの思い出

私が頻繁に使っている求人誌としてはジョブアイデムがあるのですが、最初にアルバイトを探した時もジョブアイデムだったので思い出深い雑誌です。この雑誌を見たときに求人の電話をするときのすすめとして「ジョブアイデムを見て、アルバイトをしたいと思いお電話させていただきました」というと良いと書いてあるので、そのとおりに実践したんですね(笑)そうすることによって、本当に「ああ」と一瞬でわかってもらえたので、やはりメジャーな求人誌であるジョブアイデムは違うなあと思ったしだいです…そして、すぐに決まりきったように店長から後々電話があり、面接の日程も見事に決定しました^^そして、みなみのジャンカラのアルバイトでしたが、すんなり決まってよかったと思いました♪ジョブアイデムには履歴書を作成するためのポイントとか例などが載っていたので、初めてのことだったのですが全く迷うことなく求人の応募で通ることが出来ましたので、僕の思い出の雑誌となっていますね・゚・(ノ∀`)・゚・。

Copyright © 2008 ジョブアイデム